アバターの道

avabook1

アバターの道

私たちが歩んだ道

(2300円)

 

表面的には、これは心地良いメロディーを伝える言葉で出来た本です。

しかし物語の下では、意識の琴線が奏でられて、あなたの考えが変わっていくのです。

私は、人にもっと意図的に生きる方法を教えるという意図で、20年以上前にアバター®コースを創りました。当時コースが行っていたのは、そして今日さらに効果的に行っているのは、誰でも多少は持っている特定のこころの能力を確認し、使うためのやり方を示すことでした。こうしたこころの能力を、正確な順序と組み合わせによって意図的に使うことで、経験の神秘が解き明かされるのです。受講生は自分の決断で――時には瞬時に――感情や精神の状態を変えることができます。

こうして初期の受講生たちが練習のパワーを経験した後、友人にその話をしたことで、アバターのニュースは世界中に広がりました。その結果、アバター教材を管理する会社は、私の自宅のリビングルームを仕事場としていた3人から、世界72カ国、21言語でコースを教えている1万2千人以上へと拡大しました。

「アバターの道:私たちが歩んだ道」は、世界的なムーブメントとなった目覚めの裏にある物語です。この本を読んで、楽しんで、そしてそれから思い出して下さい。

ハリー・パルマー

http://avatarpath.com/ja/the-avatar-path-the-way-we-came-jpn.html

 

【目次】 

ブック I:確かな基盤

第1章 気づきの探求

第2章 灰が降る前に

第3章 説明

第4章 2種類のアイデンティティー

第5章 「管理可能な原因」と「もっともらしい言い訳」

第6章 管理可能な原因を見つける

第7章 壺を割る

第8章 別のものの見方

第9章 考えという天使たち

 

ブック II:現実を形づくる

 

第10章 変化の要素

第11章 ラーという神秘の学校

第12章 きちんと考える

第13章 時間でつながる

第14章 感覚喪失タンクと精神的身体の話

第15章 あなたの源の創造力を維持する

第16章 信念と経験

第17章 プライマリーと領域

 

ブックIII:覚醒をマーケティングする

 

第18章 アバターコースの進化

第19章 アバターの拡大の始まり

第20章 あなたを揺さぶって「こころ」の外に出す

第21章 偽りを語るのはやめましょう

第22章 源の存在:深い目覚め

第23章 私たちはなぜこれをするのか

第24章 スピリチュアルな道

 

エピローグ